愛を祝福する特別な日、バレンタインデーに合わせ、グッチは〔グッチ ギルティ〕 オードパルファムと〔グッチ ギルティ〕 プールオム オードトワレの限定ボトルを展開します。

情熱や愛をモダンに表現する〔グッチ ギルティ〕 ラブ エディション MMXXIの香りは、社会のルールや概念にとらわれずに個性を表現する世界中の恋人たちにささげる香りです。

ロマンティックなパステル調のアイボリーとモーヴグレーを取り入れた〔グッチ ギルティ〕 オードパルファムと〔グッチ ギルティ プールオム〕  オードトワレにはそれぞれ、男性と女性のまなざしを探る詩的な愛のメッセージ「we are not together but we should be」、「we should be together, but we are not」が刻まれています。

 

 

Gucci Guilty Love Edition 2021 Pour Homme

アロマティック フゼア調の〔グッチ ギルティ〕プールオム オードトワレと同じく、爽やかなイタリアンレモンの香りで幕開けする、モダンなメンズフレグランスです。

ハチミツのように甘いトーンを持つホワイトフローラルの香りが、オレンジブロッサム アブソリュートと、フレンチラベンダー(プレイボーイの元祖と言われるカサノバが、ラブレターの香り付けに用いた言われる花)を引き立てます。

その官能的でミステリアスな魅惑に満ちた雰囲気を、モダンな印象に仕上げるのはパチョリ。ウッディやレザー、グリーン、そしてインセンスのような特徴をかすかに感じるベースノートを、マスキュランでリッチなシダーウッドが際立たせます。

 

グッチ ギルティ ラブ エディション MMXXI プールオム オードトワレ
90mL 13,530 円 (税込)/ 50mL 10,010 円 (税込)

商品をチェック>

 

Gucci Guilty Love Edition 2021 Pour Femme

高い人気を誇る〔グッチ ギルティ オードパルファム〕と同じアンバリー フローラルの香りです。

このフレグランスのメッセージのオープニングであるトップノートは、マンドラ(地中海のキプロス島で採れるフルーツ)のシトラスノートから、ほんのりと苦みを感じるナチュラルなベルガモットとスパイシーなピンクペッパーが広がります。

複雑な魅力を特徴づけるミドルノートでは、ライラックがローズやバイオレットとコントラストを奏で、ゼラニウムと重なることで、ニュアンスのある個性的なフローラルブレンドを演出します。

さらに印象を深めるのは、パチョリのナチュラルで奥行きのある二重奏。パチョリクールとマイクロ蒸留によって抽出されたパチョリオイルにアンバーが加わり余韻を描きます。

 

グッチ ギルティ ラブ エディション MMXXI オードパルファム
90mL 17,380 円 (税込)/ 50mL 13,310 円 (税込)

商品をチェック>

 

 

The Packaging

コレクター心をくすぐる〔グッチ ギルティ〕 ラブ エディション MMXXIのボトルデザインには、#ForeverGuilty のビジョンが反映されています。〔グッチ ギルティ〕共通の重厚感のあるガラスボトルを、アイボリーとモーヴグレーに刷新し、半分はつやのあるラッカー仕上げに、もう半分は透明感のあるガラスを使用しています。

不幸せな星の元に生まれついた恋人たちが互いの考えに共鳴するかのように、〔グッチ ギルティ〕 ラブ エディション MMXXI オードパルファムのボトル背面には「we are not together but we should be」、〔グッチ ギルティ〕 ラブ エディション MMXXI プールオム オードトワレには「we should be together, but we are not」と刻まれ、2つのボトルが合わさって完結するデザインとなっています。どちらのボトルにもそれぞれの色に合わせたキャップを組み合わせ、ブランドのインターロッキングG ロゴをアクセントにしています。

新しいゴシックフォントを用い、ブラックカラーでメッセージを大胆に刻み込んだそれぞれのボトルは、同じデザインのアウターボックスに収められています。