香水の都として有名なグラースで生まれ、ごく自然にフレグランスや香料に興味を持つようになったミシェルは、18歳で当時グラースで最大の香料会社であったRoure(ルル)のパフューマリースクールに入学します。そして数年後、パリに上京し、ファッションデザイナー達とに会う素晴らしいチャンスに恵まれ、クチュールブランドの調香師となりました。

彼は、文字通りブランドの「Nez(=鼻 ※フランスでは調香師のことをいう)」として多くの一流ブランドから厚い信頼を得て、世界的に知られる名香といわれるフレグランスを数多く生み出しています。