Biography

15歳で調香師になることを決意。その当時フランシス・クルジャンは、パフューマリーの職業についての知識はありませんでした。ただ彼はほどなくして、パフューマリーの世界には不屈の努力と規律が必要であり、それはまさに彼自身が長年に渡りピアノやバレエの練習を通じて習得したものと一致していることが分かったのです。

彼は香りへの情熱、決意そして愛情を持って20年以上の間、日々絶え間ない挑戦を続けています。彼のフレグランスとの関係は年を追うごとにより深くなり、そしてパフューマリーの伝統には忠実であり続けています。しかしながら、彼は型にはまらず、新たなフレグランスの世界へと誘う道を常に探求しています。

1969

誕生

1985

調香師になることを決断

1990

ISIPCA(International Perfumery School)入学
QUEST International に入社
同時にInstitut Supérieur de Marketing de Luxeの大学院コースに入学

1993

“ル マル”(ジャン ポール ゴルチエ)を調香

1995

QUEST International ニューヨークオフィスに勤務

1999

拠点をパリに移す

2001

オーダーメイドのフレグランスビジネスを開始

2003

ソフィー・カルと、自身最初のアーティスティックコラボレーションを行う

2004

マーク・チャヤと出会う

2006

ヴェルサイユ オフにて、最初のフレグランスインスタレーションを行う

2009

マーク・チャヤとメゾン フランシス クルジャンを創立

これまでの功績に対しフランソワ コティ賞を受賞(2001年10月)
Cosmétique Magazines誌のベスト パフューマー オブ ザ イヤーに選出 (2008年6月)
芸術文化勲章を受章 (2008年7月)